【スポンサーリンク】

レイカーズがジェイムス・エニス獲得を狙う?

レイカーズがジェイムス・エニス獲得を狙う?

NBAタイトル奪還を狙うロサンゼルス・レイカーズは、このオフシーズン中にラッセル・ウェストブルック、ドワイト・ハワード、カーメロ・アンソニー、トレバー・アリーザ、ケント・ベイズモア、ウェイン・エリントン、マリク・モンク、ケンドリック・ナンを獲得した。

経験と実績あるベテランたちに加え、成長が期待できる若手も揃ったレイカーズ。

ここ最近は元NBAオールスターポイントガードのアイザイア・トーマス獲得を検討していると報じられたが、レイカーズがより求めているのはシャープシューターのジェイムス・エニスなのかもしれない。

sports.yahoo.comによると、レイカーズはポイントガードのポジションよりウィングのポジションに厚みを持たせるべきと考えており、FAフォワードのエニス獲得を検討しているという。

エニスは複数のポジションでプレイできるため、トーマスと比較するとレイカーズにとってはより大きなオプションとなるだろう。

また、レイカーズにはラッセル・ウェストブルックとケンドリック・ナンだけでなく、レブロン・ジェイムスやテイレン・ホートン・タッカーもボールハンドラーとしてプレイできることから、トーマスを獲得しなければならない理由はない。

エニスはオフ・ザ・ボールでも動けるため、現時点ではトーマスよりエニスの可能性が高いと言えそうだ。

なお、エニスの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
所属チームオーランド・マジックマイアミ・ヒート
メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
デトロイト・ピストンズ
ヒューストン・ロケッツ
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
オーランド・マジック
出場試合数41388
平均出場時間24.020.5
平均得点8.4
(キャリアハイ)
6.7
平均リバウンド4.0
(キャリアハイタイ)
3.3
平均アシスト1.5
(キャリアハイ)
1.0
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー0.90.8
FG成功率47.3%45.7%
3P成功率43.3%36.0%
フリースロー成功率80.5%79.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA