【スポンサーリンク】

レイカーズはラッセル・ウェストブルックのトレードでゴードン・ヘイワード獲得に興味なし?

レイカーズはラッセル・ウェストブルックのトレードでゴードン・ヘイワード獲得に興味なし?

ロサンゼルス・レイカーズはこの夏にNBAスターのラッセル・ウェストブルックをトレードで放出すると見られている。

ウェストブルックには複数のNBAチームが関心を持っていると噂されており、そのうちの1チームがシャーロット・ホーネッツだ。

ホーネッツは元NBAオールスターフォワードのゴードン・ヘイワードをトレード要員とし、ウェストブルックの獲得を狙うと報じられたが、このトレードが実現する可能性は低いのかもしれない。

RealGMによると、ここ2年のレイカーズはレブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスなど主力の負傷離脱に苦しめられていることから、トレードにおいては怪我の歴史を重視し、健康な選手であることを優先する可能性が高いという。

ヘイワードはホーネッツでの2シーズンで71試合欠場している。

また、ボストン・セルティックス時代も怪我による長期離脱があり、怪我のリスクは否めないため、レイカーズがヘイワードに難色を示すのは当然なのかもしれない。

ウェストブルックにはインディアナ・ペイサーズとヒューストン・ロケッツも関心を持っていると噂されている。

だが、ペイサーズがトレード要員とするのは怪我による長期離脱を強いられたマルコム・ブログドン、ロケッツがトレード要員とするのは怪我の歴史があるジョン・ウォールと見られている。

レイカーズが怪我の歴史を重視するなら、これらのチームにはトレード要員の追加を要求するだろう。

果たしてウェストブルックのトレードは実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA