【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンスのモチベーションはキャブスへのリベンジ?

アンドリュー・ウィギンスのモチベーションはキャブスへのリベンジ?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンスはNBAファイナル第5戦でチームハイとなる26得点、13リバウンドを記録し、勝利に貢献した。

2014年のNBAドラフト1位でクリーブランド・キャバリアーズに指名されたものの、キャブスのユニフォームを着ることなくトレードで放出され、その後NBAドラフト1位選手としてのポテンシャルを発揮することができずにいたウィギンス。

だが、ウィギンスが腐ることなく努力し続けることができたのは、キャブスへのリベンジ精神があったからなのかもしれない。

ウィギンスは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は彼ら(キャブス)が何を失ったのかを彼らに見せたかった。

こっちほうがうまくいっていることを見せたかった。

当時の僕はそう思っていた。

僕をトレードしたチームとの対戦はいつも楽しかった。

乗り越えるのは決して簡単ではなかったよ。

だが、あれが僕のモチベーションと闘争心につながったと感じているんだ。

キャブスはウィギンスをトレードで放出した後、レブロン・ジェイムス、ケビン・ラブ、カイリー・アービングを中心とし、フランチャイズ初となるNBAチャンピオンに輝いた。

ウィギンスはキャブスからトレードされたことはもちろん、キャブスがNBAチャンピオンになったこともモチベーションに変えたことだろう。

ウォリアーズがNBAタイトルを獲得すれば、ウィギンスのリベンジは最高の形で完了するに違いない。

なお、ウィギンスの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7321
平均出場時間31.934.4
平均得点17.216.4
平均リバウンド4.57.6
平均アシスト2.21.7
平均スティール1.00.9
平均ブロックショット0.71.0
平均ターンオーバー1.51.3
FG成功率46.6%47.4%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
32.3%
フリースロー成功率63.4%
(キャリアワースト)
64.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    いやウィギンズが優勝したらラブにもウィギにも放出後一年ちょいでリングを取られるミネソタが1番悲しいでしょ

  2. By 匿名

    レブロンは選手を育てる事ができる人間性じゃない

  3. By 匿名

    当時後継者と言われてたウィギンスをレブロンに育てて欲しかったな

  4. By 匿名

    ラブじゃなくてウィギンズ残留の世界線もちょっと見てみたかったね

*

CAPTCHA