【スポンサーリンク】

ニコラ・ブーチェビッチ「オーランドを恨んではいない」

ニコラ・ブーチェビッチ「オーランドを恨んではいない」

オーランド・マジックで長年過ごしたニコラ・ブーチェビッチは、昨季中のトレードでシカゴ・ブルズに移籍した。

NBAキャリアの大半をマジックで過ごし、在籍中にNBAオールスターに2度選出されるなど素晴らしい実績を残したブーチェビッチ。

そのブーチェビッチが、現地26日に古巣マジックと対戦する。

ブーチェビッチによると、マジックからトレードされたことを恨んではいないという。ブーチェビッチのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

突然トレードされたわけではない。

何度も話し合ったし、互いに合意したんだ。

トレードしないと言われたのにトレードされてしまったような状況ではない。

彼らとコミュニケーションを取ったうえでのトレードだったから、僕にとってサプライズではなかったんだ。

オーランドに恨みを持つことは絶対にないよ。

常にポジティブだ。

チームが別の方向に進む時だったということさ。

望んでいたような成績を挙げることができずにいたし、結果的に双方にとって成功だったと言えるんじゃないかな。

ブルズにはNBA屈指のスコアラーであるザック・ラビーンとデマー・デローザンがいるため、ブーチェビッチの存在感はマジック時代と比べると薄くなっている。

だが、ブルズが勝ち続けている限り、ブーチェビッチは自身の仕事に専念するだろう。

とはいえ、ブーチェビッチには明日の古巣マジック戦でブルズを牽引するパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

なお、ブーチェビッチの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数12680
平均出場時間33.530.7
平均得点13.716.8
平均リバウンド11.110.4
平均アシスト4.3
(キャリアハイ)
2.7
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット0.90.9
平均ターンオーバー1.51.7
FG成功率39.3%
(キャリアワースト)
49.4%
3P成功率28.0%35.4%
フリースロー成功率73.7%75.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA