【スポンサーリンク】

注目すべき10人のFA選手とは?

注目すべき10人のFA選手とは?

NBA2021-22シーズンの開幕が約1カ月後に迫った中、ほとんどのNBAチームはロスターを完成しつつある。

だが、まだ所属チームを決めていないFA選手もいる。

中には即戦力になり得るベテラン選手もいるため、戦力アップを狙うNBAチームは彼らに注目すべきかもしれない。

hoopsrumors.comによると、FA市場で売れ残っている以下の10選手は注目に値するという。

JJ・レディック

レディックはNBA屈指のシューターだ。

昨季は十分な出場機会を得ることができなかったものの、レディックのキャッチ&シュートはチームのオフェンスの幅を広げるだろう。

ただし、レディックは契約を急いでおらず、各チームの戦力を見極めてから動くと噂されている。

また、自宅がニューヨークにあるため、ブルックリン・ネッツもしくはニューヨーク・ニックスが最有力視されている。

2020-21
出場試合数44
平均出場時間16.4
平均得点7.4
平均リバウンド1.5
平均アシスト1.2
平均スティール0.3
平均ターンオーバー0.8
FG成功率39.7%
3P成功率37.1%
フリースロー成功率94.2%

ジェイムス・エニス

ベテランフォワードのエニスはオーランド・マジックで過ごした昨季、3P成功率43.3%を記録した。

所属した各チームでローテーションに組み込まれ、一定の成績を残してきたエニス。

現在はロサンゼルス・レイカーズ、シカゴ・ブルズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、マジックなど複数のNBAチームが関心を持っていると報じられている。

まだどのNBAチームとも契約していないものの、近いうちに新たな所属先は決まるだろう。

2020-21
出場試合数41
平均出場時間24.0
平均得点8.4
平均リバウンド4.0
平均アシスト1.5
平均スティール0.8
平均ターンオーバー0.9
FG成功率47.3%
3P成功率43.3%
フリースロー成功率80.5%

ギャリソン・マシューズ

NBAキャリア2年をワシントン・ウィザーズで過ごしたギャリソン・マシューズは、アウトサイドシュートに定評ある選手だ。

ウィザーズではローテーションに組み込まれたものの、ウィザーズがクオリファイングオファーを撤回したため完全FAになった。

まだ24歳と若く、成長の余地があるマシューズは、特に再建中のNBAチームから注目を浴びるだろう。

2020-21
出場試合数64
平均出場時間16.2
平均得点5.5
平均リバウンド1.4
平均アシスト0.4
平均スティール0.5
平均ターンオーバー0.2
FG成功率40.9%
3P成功率38.4%
フリースロー成功率88.4%

マイク・スコット

スコットはサイズとアウトサイドシュートを併せ持つ貴重なNBA選手のひとりだ。

ここ数年は移籍を繰り返しているが、アウトサイドシュートを必要としているNBAチームにとって魅力的な選手と言えるだろう。

2020-21
出場試合数51
平均出場時間16.7
平均得点4.2
平均リバウンド2.4
平均アシスト0.8
平均スティール0.5
平均ターンオーバー0.4
FG成功率36.0%
3P成功率34.2%
フリースロー成功率66.7%

デマーカス・カズンズ

NBAオールスター4度選出を誇るカズンズは、怪我の影響で厳しいNBAキャリアを強いられている。

かつてのパフォーマンスは失われ、ディフェンスにも難を抱えるが、アウトサイドシュートがある貴重なビッグマンであり、セカンドユニットのスコアラーとして期待できるだろう。

2020-21
出場試合数41
平均出場時間17.4
平均得点8.9
平均リバウンド6.4
平均アシスト1.9
平均スティール0.8
平均ターンオーバー1.6
FG成功率42.6%
3P成功率34.8%
フリースロー成功率72.8%

ジャリル・オカフォー

先日ブルックリン・ネッツからウェイブされたオカフォーは、2015年のNBAドラフト3位選手としては厳しい時間を強いられている。

出場時間は減少傾向にあり、ここ数年は移籍を繰り返している。

アウトサイドシュートがなく、またディフェンスにも問題を抱えているため、十分な出場機会を得るのは難しいだろう。

とはいえ、ベンチのサイズアップを必要としているNBAチームにとっては、低コストでNBAドラフト5位選手を獲得できるチャンスと言えそうだ。

2020-21
出場試合数27
平均出場時間12.9
平均得点5.4
平均リバウンド2.4
平均アシスト0.5
平均スティール0.2
平均ターンオーバー0.8
FG成功率61.8%
3P成功率22.2%
フリースロー成功率70.8%

アイザイア・トーマス

元NBAオールスターポイントガードのトーマスには、ロサンゼルス・レイカーズやボストン・セルティックス、ダラス・マーベリックスが関心を持っていると報じられていた。

だが、レイカーズはラジョン・ロンドを獲得したため、トーマス獲得には動かないだろう。

一方、セルティックスにも動きはなく、マブスはゴーラン・ドラギッチの去就次第となりそうだ。

怪我の歴史とサイズ不足があるトーマスのNBA復帰への道は険しい。

2020-21
出場試合数3
平均出場時間16.0
平均得点7.7
平均リバウンド1.3
平均アシスト1.7
平均スティール0.3
平均ターンオーバー2.0
FG成功率33.3%
3P成功率25.0%
フリースロー成功率100%

エイブリー・ブラッドリー

ブラッドリーはNBA屈指のディフェンダーだ。

だが、怪我の歴史があり、試合に安定して出場することができていない。

とはいえ、ディフェンス強化を必要としているNBAチームにとっては良いオプションとなるだろう。

2020-21
出場試合数27
平均出場時間22.3
平均得点6.4
平均リバウンド2.1
平均アシスト1.7
平均スティール0.8
平均ターンオーバー1.0
FG成功率37.4%
3P成功率32.7%
フリースロー成功率80.0%

フランク・ニリキーナ

ニリキーナはディフェンスに定評ある選手だが、オフェンスについては課題を抱えている。

とはいえ、ニリキーナが成長できずにいるのはニューヨーク・ニックスがニリキーナに十分な出場機会を与えなかったからという声も少なくない。

なお、ニリキーナは数日中にダラス・マーベリックスと契約する可能性があると報じられているが、もしNBAチームと契約できなかった場合、ヨーロッパに戻ると噂されている。

2020-21
出場試合数33
平均出場時間9.8
平均得点2.7
平均リバウンド0.9
平均アシスト0.6
平均スティール0..5
平均ターンオーバー0.3
FG成功率36.7%
3P成功率47.9%
フリースロー成功率44.4%

ロンデイ・ホリス・ジェファーソン

ホリス・ジェファーソンは複数のポジションでディフェンスできる選手であり、過小評価されているひとりだ。

ファーストユニットとして起用するのは難しいかもしれないが、セカンドユニットのディフェンスを強化したいNBAチームにとって良いオプションとなるだろう。

2020-21
出場試合数11
平均出場時間9.7
平均得点2.5
平均リバウンド2.4
平均アシスト1.2
平均スティール0.2
平均ターンオーバー0.2
FG成功率50.0%
3P成功率0%
フリースロー成功率56.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA