【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「カイル・クーズマはNBAキャリア最高のシーズンを送る」

ケンドリック・パーキンス「カイル・クーズマはNBAキャリア最高のシーズンを送る」

ロサンゼルス・レイカーズでNBAキャリア4年を過ごしたカイル・クーズマは、このオフシーズン中のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

ここ数年のクーズマのパフォーマンスは安定せず、多くのNBAファンはクーズマがこのまま衰退していくと予想しているというが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスはクーズマが覚醒すると感じているのかもしれない。

パーキンスによると、プレッシャーから解放されたクーズマは、ウィザーズでNBAキャリアベストのシーズンを送るという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

クーズはキャリアベストのシーズンを送るだろう。

彼がオールスターに選出されるかって?

そうは言わない。

だが、人々は理解しなければならない。

レブロン・ジェイムスと並んでプレイし、チャンピオンをかけてプレイすることには大きなプレッシャーがあるんだ。

ワシントンではプレッシャーがない。

プレイオフに進出しなければならないというプレッシャーだけだ。

クーズがプレッシャーから解放され、自由にプレイできるようになることを楽しみにしている。

彼が今季をキャリアベストのシーズンとすることを楽しみにしているよ。

レイカーズの未来を担う逸材として期待されたブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、ジョーダン・クラークソンは、レイカーズから離れた後に覚醒した。

彼らの覚醒にプレッシャーからの解放が関係しているのであれば、クーズマも彼らと同じように進化を遂げるだろう。

一方、結果を残すことができなければNBAキャリアが悪い方向に傾いてしまう可能性があるため、クーズマにとってNBA2021-22シーズンは勝負と年となりそうだ。

なお、クーズマの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数68276
平均出場時間28.729.7
平均得点12.915.2
平均リバウンド6.15.6
平均アシスト1.91.9
平均スティール0.5
(キャリアワーストタイ)
0.6
平均ターンオーバー1.71.7
FG成功率44.3%44.8%
3P成功率36.1%33.8%
フリースロー成功率69.1%
(キャリアワースト)
72.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA