【スポンサーリンク】

ジョージ・カール「デマーカス・カズンズから学んだのはセンターがベスト選手だとチームは上昇しない」

ジョージ・カール「デマーカス・カズンズから学んだのはセンターがベスト選手だとチームは上昇しない」

デマーカス・カズンズがサクラメント・キングスのエースだった時、ジョージ・カールはキングスを指揮し、プレイオフ復帰を目指していた。

だが、カールが「全員がトレード対象になり得る」と発言したことがきっかけとなり、カールとカズンズの関係は悪化。

その後、結果を残せなかったカールはキングスから解雇され、カズンズもその半年後にトレードされたわけだが、カールによると、カズンズから学んだことがひとつあったという。

カールは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

デマーカスが私に教えてくれたこと。

私はアンチセンター派ではないよ。

なぜなら、バスケットボールにおいてビッグマンは必要だと思っているからね。

ただ、オン・ザ・コートのベストプレイヤーがセンターである場合、チームを上昇させるのは難しいということに気付いたんだ。

デマーカスと一緒に働いた1年目のことを覚えているよ。

彼はオン・ザ・コートでベストプレイヤーだったが、我々は勝てなかった。

コートに最高の選手がいる場合、そのチームにはチャンスがあるし、勝たなければならないと思う。

私はいつもラマーカス・オルドリッジについて言っているし、ミネソタの若者(カール・アンソニー・タウンズ)について言っているし、アンソニー・デイビスについて言っている。

うまくプレイするビッグマンは今でも必要さ。

それと同時に、ガード、ペースメイカー、3Pシューティングがゲームをより引き上げるんだ。

ビッグマンがガードプレイヤーのようにボールをドリブルで運び、そのままシュートまで持っていくことはほとんどない。

ポストアップもしくはピック&ロールでボールをもらう、そしてリバウンドを奪う働きが求められているため、ボールポゼッションは他のポジションのプレイヤーほど多くない。

その意味でもカールの指摘は的を射ていると言えるかもしれない。

なお、カールはキングスのヘッドコーチに就任した後、カズンズに積極的に3Pショットを撃たせていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA