【スポンサーリンク】

スキップ・ベイレス「ケビン・デュラントは地球上最高のプレイヤー」

NBA史上最も偉大なプレイヤー”GOAT”は誰なのかという議論になると、多くの人々が”バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンの名を挙げる。

だが、ケビン・デュラントの名を挙げる者は決して多くない。

そんな中、スポーツコラムニストのスキップ・ベイレスがGOATの議論に加わった模様。

ベイレスによると、デュラントはジョーダンを上回るスコアラーだという。

ベイレスはデュラントについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ケビン・デュラントは地球上で最高のプレイヤーだ。

我々が見てきた中で、KDは最も才能あるスコアラーさ。

ジョーダンは最高の才能に恵まれ、数多くのことを達成した。

だが、198cmという身長は恵まれていなかった。

ケビンは208cmでウィングスパンは213cmだ。

ケビン・デュラントのような選手は見たことがない。

(2018年のファイナル)第3戦、彼はレブロン(・ジェイムス)のホームで、キングのホームでゲームを支配した。

レブロンを相手にショットを次々と決めた。

マイケル・ジョーダン以降、ケビン・デュラントは最高のミッドレンジシューターだ。

2年連続でファイナルMVPに輝き、実証された。

彼はキングを相手にしても最高のレベルでやってのけることができるのさ。

デュラントはNBA史に残る偉大なスコアラーであるのは間違いないだろう。

とはいえ、キャリアを通してみるとまだジェイムスに分があると多くのファンは考えているかもしれない。

まずは移籍したブルックリン・ネッツでも同様の結果を残せるかがポイントになるだろう。

オクラホマシティ・サンダーを去ってからアンチが急増したデュラントだが、完全復活する来季は史上最高のスコアラーであることを証明してもらいたいところだ。

なお、ジョーダン、ジェイムス、デュラントのキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

マイケル・ジョーダンレブロン・ジェイムスケビン・デュラント
出場試合数10721258849
平均出場時間38.338.436.9
平均得点30.127.127.0
平均リバウンド6.27.47.1
平均アシスト5.37.44.1
平均スティール2.31.61.1
平均ブロックショット0.80.81.1
平均ターンオーバー2.73.53.1
FG成功率49.7%50.4%49.3%
3P成功率32.7%34.4%38.1%
フリースロー成功率83.5%73.5%88.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA