【スポンサーリンク】

メッタ・ワールドピース「子供の頃から乱暴な選手だった」

元NBAプレイヤーのメッタ・ワールドピースはリーグ有数のデフェンダーであると当時に、荒い気性の持ち主であることでも知られていた。

NBA史上最悪ともされるパレスの騒乱の引き金となった他、多くの選手たちと激しいバトルを繰り広げてきたワールドピース。

そのルーツは少年時代にあったのかもしれない。

ニューヨークのクイーンズブリッジで育ったワールドピースによると、子供の頃のプレイでメンタルを鍛えられたという。ワールドピースのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕はクイーンズブリッジの頃から乱暴な選手だった。

クイーンズブリッジの男たちとプレイする時、彼らにコートに立つのを許してもらった時、そういうメンタルでやらなければならなかった。

11歳の時、ハメルズプロジェクトに1度参加したことがある。

11歳だったが懸命に働き、ハードにプレイした。

それしか知らなかったんだ。

リーグ有数の強靭なメンタルを持ったワールドピースは、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてチームのNBAタイトル獲得に貢献。

子供の頃の経験があったからこそ、タフなメンタルで戦い続けることができたのだろう。

なお、ワールドピースのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
所属チームシカゴ・ブルズ
インディアナ・ペイサーズ
サクラメント・キングス
ヒューストン・ロケッツ
ロサンゼルス・レイカーズ
ニューヨーク・ニックス
出場試合数991
平均出場時間31.7
平均得点13.2
平均リバウンド4.5
平均アシスト2.7
平均スティール1.7
平均ターンオーバー1.8
FG成功率41.4%
3P成功率33.9%
フリースロー成功率71.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA