【スポンサーリンク】

リチャード・ハミルトン「マイケル・ジョーダンへのトラッシュトークでトレードされた選手がいた」

元NBAプレイヤーのリチャード・ハミルトンはワシントン・ウィザーズに所属した2001-02シーズン、現役復帰したマイケル・ジョーダンとチームメイトとして共にプレイした。

ジョーダンはトラッシュトーカーとしても知られており、ハミルトンも練習中にジョーダンにトラッシュトークを仕掛けていたが、発言内容には細心の注意を払っていたのかもしれない。

ハミルトンによると、ジョーダンが現役復帰する前、キャリア2年目だったラロン・プロフィットがジョーダンにトラッシュトークを仕掛けたところ、トレードで放出されたという。

ハミルトンは当時を振り返り、次のようにコメント。Slam Onlineが伝えている。

我々はいつもMJにトラッシュトークを仕掛けたものさ。

ただし、決まったことしか言わなかった。

でも、プロフは余計なことを言ったりしていたんだ。

覚えているよ。

練習していた時、プロフがMJからショットを決めたんだ。

すると彼は「その年寄りの膝で俺を抑えることはできない」と言ってしまった。

MJは熱くなっていた。

ミーティングの時も熱くなっていた。

その時、彼にこう言われたんだ。

「君のお気に入りの男、彼はここから出る」とね。

ジョーダンはウィザーズのプレイヤーであると同時に球団社長でもあった。

人事権を有していたジョーダンにとって、プロフィットのトラッシュトークは心地良いものではなかったのだろう。

なお、プロフィットはジョーダン復帰直前のオフシーズン中にトレードで放出されると、キャリアの大半を海外リーグで過ごすことになった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA