【スポンサーリンク】

ネッツを離れたアマレ・スターダマイヤーがカイリー・アービングの接種拒否について「あれが僕たちを傷つけた」

ネッツを離れたアマレ・スターダマイヤーがカイリー・アービングの接種拒否について「あれが僕たちを傷つけた」

ブルックリン・ネッツの選手育成部門アシスタントとして働いた元NBAスター、アマレ・スターダマイヤーが、ネッツを離れることを決断した。

ネッツは今季、さまざまな問題に対処しなければならず、難しい時間を強いられたわけだが、ネッツの内状を見てきたスターダマイヤーによると、カイリー・アービングが接種を拒否し、試合に出場できなくなったことが、ネッツに大きなダメージをもたらしたという。

スターダマイヤーはネッツでの今季を振り返り、次のようにコメント。NetsDaily.comが伝えている。

あれ(アービングの接種拒否)が僕たちを傷つけたと思う。

間違いなく痛手だった。

なぜなら、カイリーは常に一緒にいるというわけではなく、ケミストリーを十分に構築することができなかったからね。

彼はアウェイゲームでしかプレイできなかった。

ニューヨークではプレイできなかった。

だから、僕たちはスケジュールによって異なるラインアップ、異なるマッチアップを用いなければならなかった。

カイリーはロスターにいるのに、僕らコーチたちは誰をプレイさせるのか決めるのが難しくなってしまったんだ。

カイリーはバスケットボールゲームにコミットしなければならないと思う。

偉大な選手になるために彼自身にコミットしなければならないと思う。

なぜなら、僕はカイリーがNBAトップ75リストに含まれるべきと思っているからね。

ただ、今は来季に向けてモチベーションを高め、トップ選手であることを証明し、シーズンを通して一貫してやり遂げなければならない。

スターダマイヤーによると、今季のような事態が起こらないようにするためには、契約書の内容を見直さなければならないという。

アービングはこの夏にオプションを破棄し、FAになる見込みだ。

おそらくネッツと再契約するだろうが、来季のアービングにはネッツを牽引し、NBAチャンピオンに導く働きを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA