【スポンサーリンク】

元サンズのスティーブ・ナッシュ「悲しくなった」

元サンズのスティーブ・ナッシュ「悲しくなった」

昨季NBAファイナリストのフェニックス・サンズに激震が走っている。

オーナーのロバート・サーバーに人種差別発言や女性蔑視などの問題が報じられたためだ。

ESPNが告発した記事の中ではサンズの70人以上の従業員および元従業員がインタビューに応じ、サーバーの問題に触れたという。

これを受け、サンズで短期間過ごした元NBA選手のビンス・カーターも、サーバーの過去の言動を告発した。

では、サンズで一時代を築いたスティーブ・ナッシュはどう感じているのだろうか?

現在ブルックリン・ネッツのヘッドコーチを務めているナッシュは、サーバーの問題について以下のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

(告発記事を)読んで悲しくなった。

僕がロバートと一緒にいた時、記事に書かれているようなことはなかった。

ただ、僕はこういったタイプの問題に非常に敏感だ。

だから、あのような記事が出てきて失望している。

NBAはこの問題の調査を法律事務所に依頼した。

現在は調査が進められているところであり、結果が出るまで時間を要するだろう。

もし告発記事の内容が真実であるなら、サーバーはドナルド・スターリングのようにオーナー権を剥奪されるだけでなく、NBAから追放される可能性もある。

ナッシュにとってサンズは2年連続でMVPを受賞した思い出深いNBAチームであるだけに、真実ではないことを祈っているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA