【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー ドレイモンド・グリーンは「ボーイバンドにいられてラッキー」

レジェンドのチャールズ・バークレーとドレイモンド・グリーンは犬猿の仲だ。

これまで何度もビーフを繰り広げ、ファンを楽しませているバークレーとグリーン。

グリーンの「俺に仕事を奪われる前にやめろ」、「彼は賢くないし、チャンピオンリングも持ってないから、バスケットボールのことは語れない」という批判に対し、バークレーは「彼はテレビ用の顔を持ってない」と反撃。

バークレーはそれにとどまらず、さらに口撃を加えたようだ。バークレーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「ボーイバンドの中で、彼は最も人気がない人間だけど、彼は自分のことをスターだと思ってる。だけど彼はスターじゃない。ボーイバンドにいられてラッキーだよね。彼は女の子全員が彼に黄色い声をあげてると思ってる。違うよ。彼女たちはジャスティン・ティンバーレイクに黄色い声をあげてるのさ」

バークレーとグリーンが和解し、会話を楽しむ日はやってくるのであろうか。

グリーンが現役を続ける限り、おそらくその日はやってこないであろう。

今季のウォリアーズは厳しい時間を強いられており、グリーンにとってもフラストレーションが溜まる日々が続いているであろうが、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが揃う来季はバークレーを黙らせるパフォーマンスを見せてもらいたい。

なお、今季のグリーンは43試合に出場し、平均28.4分のプレイで8.0得点、6.2リバウンド、6.2アシスト、1.4スティール、0.8ブロックショット、FG成功率38.9%、3P成功率27.9%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算576試合に出場し、平均28.1分のプレイで9.0得点、6.9リバウンド、5.0アシスト、1.4スティール、1.1ブロックショット、FG成功率43.5%、3P成功率31.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA