【スポンサーリンク】

ジェイレン・ブラウン「コーチングスタッフたちは自分たち自身をコントロールしなければならない」

ジェイレン・ブラウン「コーチングスタッフたちは自分たち自身をコントロールしなければならない」

ボストン・セルティックスとトロント・ラプターズのカンファレンスセミファイナル第6戦で起こった、ラプターズを指揮するニック・ナースHCのある行動が話題になっている。

その行動とは、レギュレーション残り1分を切った時、セルティックスのオフェンスの際にナースHCがコーナー付近に立っていたというものだ。

ドライブを仕掛けたテイタムはコーナーにチームメイトが待ち構えていると思ったのか、ナースHCにパスを出してしまい、勝利のチャンスを逃してしまった。

この件について、セルティクスのジェイレン・ブラウンが言及した模様。

ブラウンによると、コーチングスタッフたちは自身の行動をコントロールしなければならないという。ブラウンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

たくさんの感情がある。

非常に激しいこともあるし、時には行き過ぎてしまうこともある。

それを抑えよう。

敬意を払おう。

バスケットボールをプレイし続けよう。

大人であれば自分自身をコントロールできなければならない。

特にコーチングスタッフたちはね。

やるべきことをやり続けよう。

戦いに備えるんだ。

結果、レギュレーション中に決着はつかず、第2オーバータイムにもつれた激戦はラプターズが制した。

NBAプレイオフ稀に見る激戦となっているこのシリーズ。

最終第7戦ではさらなるバトルが展開されるだろうが、後味が悪い結果にならないことだけを祈りたい。

なお、テイタムはナースHCがコーナー付近にいたことについて、こう話している。

僕のターンオーバー。

僕の過ちだ。

ニック・ナースを責めることはできない。

彼はプレイしていない。

僕の過ちだった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA