【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「恐怖のメンタリティはない」

デイミアン・リラード「恐怖のメンタリティはない」

シードゲームMVPのデイミアン・リラード率いるポートランド・トレイルブレイザーズは、NBAプレイオフファーストラウンド第1戦で強豪ロサンゼルス・レイカーズを下し、好スタートを切った。

勝利の立役者となったのは、やはりリラードだろう。

第4Qの重要なシーンで得意の超長距離砲を決めるなど、支配的なプレイを見せたリラード。

リラードによると、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスというNBAを代表するスーパースター相手にしても、恐怖心を持つことはないという。

リラードは今季のNBAチャンピオン最有力候補であるレイカーズとの対戦について次のようにコメント。yardbarker.comが伝えている。

恐怖のメンタリティは持っていない。

負ける時は負けるものさ。

もちろん負けたくはない。

負けるとストレスが溜まると思うからね。

僕の集中力は第4Qで高まる。

なぜなら、勝つか負けるかが決まる時間だからね。

その状況にいる多くの人々は、精神的にも肉体的にも疲れている。

彼らは諦めたり屈したりするかもしれない。

そういった時に自分自身にチャレンジしたり、レベルアップしたりするのが好きなんだ。

リラードはシードゲーム最後の3試合で平均51.3得点を記録し、勢いそのままにレイカーズとのファーストラウンド第1戦では6本の3Pを含む34得点を記録。

もはやアンストッパブルな存在となっているリラードは、シリーズ第2戦もタフなメンタルでブレイザーズを牽引することだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA