【スポンサーリンク】

ロバート・サーバーがFA交渉を有利に進めるためのあり得ない手段とは?

ロバート・サーバーがFA交渉を有利に進めるためのあり得ない手段とは?

NBAはフェニックス・サンズのオーナーを務めるロバート・サーバーに人種差別や女性差別の疑惑があるとし、法律事務所に調査を依頼した。

ESPNの記者がリリースした告発記事の中では、サンズの70人以上の従業員および元従業員がサーバーの問題言動について証言しているという。

真相はまだ明らかになっていないが、人々の予想を上回る言動をとっていたのかもしれない。

ESPNによると、サンズが2015年にラマーカス・オルドリッジの獲得を狙っていた時、サーバーはストリッパーをオルドリッジに差し向け、妊娠させたうえでFA交渉を有利に進めようとしていたという。

サンズが2015年にラマーカス・オルドリッジとの契約を狙っていた時、彼らはオルドリッジがテキサスの子どもたちの近くでプレイしたがっていることを知っていた。

その時、サーバーはこう言ったんだ。

「フェニックスエリアのストリッパーたちにNBA選手の子供を妊娠させなければならない。そうすれば、リクルート活動において優位性を得ることができる」とね。

彼に反対できる人間がいると思うか?

彼は脅しをかけてくる。

彼は人々がうろたえる姿を見るのが好きなんだ。

自分が主導権を握っていることを人々に知らしめたいのさ。

彼はすべての状況、すべての人々をコントロールしたがっているんだ。

もしこれらが事実なら、あまりに非道な行為だ。

一方、サーバーとオーナーグループの12人はESPNの告発記事に署名入りで反論。

真っ向対決の姿勢を見せているものの、サンズのオーナーグループは20人程度いるとされており、数人が署名に応じなかったと報じられている。

NBAが調査結果を発表するまで、この問題にはさまざまな噂や憶測がつきまとうことになるだろう。

現場で働く選手やコーチたちにとっては雑音以外の何ものでもないが、この困難な時期を現場一体となって乗り越えてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA