【スポンサーリンク】

ロケッツ 中国との関係悪化で2500万ドル収益減?

ロケッツ 中国との関係悪化で2500万ドル収益減?

ヒューストン・ロケッツのゼネラルマネージャーであるダリル・モレーのツイートを発端に、中国とNBAの関係が悪化している。

中国のスポンサー企業がNBAから撤退する動きにもつながっており、NBAの収益悪化は避けられない。

中でもロケッツは大打撃を被る可能性があるようだ。

The New York Timesによると、中国のスポンサー企業によるボイコット活動により、ロケッツは収益が2500万ドルを落ち込む可能性があるという。

また、チームによっては2020-21シーズンのサラリーキャップが10~15%程度減少するとも報じられている。

この問題が長引くほど、NBAに対するダメージは大きくなるだろう。

表現と言論の自由を重視するアダム・シルバーは、どのような落とし所を用意するのであろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA