【スポンサーリンク】

ジョン・ウォールが足の怪我について「足を切断するか否かのところまでいった」

オフシーズン中のトレードでヒューストン・ロケッツに移籍したジョン・ウォールが、約2年ぶりにNBAゲームに復帰した。

ウォールは2018年12月末に左足かかとの負傷し、出術を受けたものの、自宅療養中に足を滑らせて転倒し、アキレス腱を断裂。

以降はNBAゲーム復帰へ向けてリハビリを続けることになったわけだが、リハビリ期間中もさまざま苦難に見舞われていたようだ。

ウォールによると、怪我の合併症として複数の感染症にかかったという。

ウォールは当時を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

タフだった。

3つか4つの感染症にかかってしまった。

「OK、このままだと足を切断するか否か決めなければならないね」というところまでいったんだ。

それが現実だったよ。

ウォールは約2年ぶりのNBAゲームだったにもかかわらず、復帰戦で1922得点、6リバウンド、9アシスト、1スティール、1ブロックショットを記録。

ロケッツも嬉しい今季初勝利を挙げ、ウォールにはますますの期待がかかることになるだろう。

不幸中の幸いか、足の切断を免れたウォールには2年間のストレスをコートで発散し、ロケッツを引き上げてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    管理人さん、どんまい。

    By 匿名
    2021/01/02 at 11:25返信
    なんでウォールのスタッツ1番目立つ得点を間違えてんだ

    ↑間違いを指摘するのはいいけど、そんな喧嘩腰で書き込まなくてもいいだろ。
    子供じゃないのだから、常識ある行動をしましょうよ。

  2. By 匿名

    なんでウォールのスタッツ1番目立つ得点を間違えてんだ

*

CAPTCHA