【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードが「クリッパーズで引退したい」宣言のポール・ジョージをディスる?

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージとポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは昨季、SNS上で激しいバトルを繰り広げた。

オーランドで再開したNBAシーズンでの対戦で、リラードが試合最終盤に2本のフリースローを外すと、ベンチにいたパトリック・ビバリーは転げ落ちるほど笑い、ジョージはリラードに「バイバイ」と手を振る仕草をしたというが、リラードはその後、「僕は以前、(ビバリーを)家に送り返した。昨季のプレイオフではポール・ジョージを家に送り返した」、「僕は彼らに苦難をもたらしてきたから、リスペクトの表れだ」とコメント。

これを受け、ジョージがSNS上で「今季は君が家に送り返されるだろう。リスペクト」と反撃すると、リラードは「移籍し続けろ。困難から逃げろ。君たちはチンピラだ」と応酬。

これに対し、ジョージは「僕は最初のチームの時に君より多く成功した。デイムタイムは時間切れだ」と反論したところ、彼らの家族も巻き込む事態となったため、両者は口撃をストップした。

だが、リラードとジョージの因縁は今も続いているようだ。

ジョージが先日、「クリッパーズで現役を引退したい」と発言したところ、リラードは「アル・カポネ」と反応したという。

https://twitter.com/AhnFireDigital/status/1335006961507606528
https://twitter.com/RTNBA/status/1335648627759468547

アル・カポネがアメリカのギャングであることは周知の通りだが、これは「all cap」とも言い、「cap」は「嘘」を意味するスラングだという。

リラードのビーフは、間違いなくジョージに届くだろう。

来季もリラード率いるブレイザーズとジョージ擁するクリッパーズは激しいバトルを繰り広げることになりそうだ。

なお、リラードとジョージの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

D・リラードP・ジョージ
出場試合数6648
平均出場時間37.529.6
平均得点30.021.5
平均リバウンド4.35.7
平均アシスト8.03.9
平均スティール1.11.4
平均ターンオーバー2.92.6
FG成功率46.3%43.3%
3P成功率40.1%38.1%
フリースロー成功率88.8%84.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA