【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHCがタイムアウトを要求しなかった理由についてケビン・デュラントは「問題はない」

スティーブ・ナッシュHCがタイムアウトを要求しなかった理由についてケビン・デュラントは「問題はない」

NBAタイトル獲得が期待されるブルックリン・ネッツは先日、アトランタ・ホークスに18点差で敗れ、今季3敗目を喫した。

ネッツは現在3勝3敗。

ケビン・デュラントとカイリー・アービングを擁していることから、この結果に納得できていないファンも少なくないだろう。

指揮官のスティーブ・ナッシュHCは「我々の弱点はリバウンド」とし、選手たちにリバウンドの意識を持つよう促したというが、選手たちにはもっと考えてバスケットボールをプレイするよう求めているのかもしれない。

ホークスが連続得点でリードを拡大しようとしていた時、ナッシュHCははタイムアウトを要求しなかった。

その理由について、ナッシュHCは「選手たち自身に問題を解決してもらいたかった」と説明したが、解決には至らず、ホークスに大敗を喫する結果となってしまった。

だが、デュラントはナッシュHCの考えを支持しているようだ。

デュラントはナッシュHCがタイムアウトを要求しなかった理由について、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

問題はないよ。

相手のランに対抗してプレイすることは、チームの成熟度を高めるテストになるんだ。

デュラントとアービングというNBA屈指のスコアラーをもってしても、ホークスの猛攻を退けることができなかった。

だが、デュラントとアービングのデュオは結成1年目であり、成熟度は今後ますます高まっていくだろう。

ナッシュHCの考えがネッツの選手全員に浸透し、考えながらプレイする集団ができあがれば、ネッツは手のつけられないチームになるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA