【スポンサーリンク】

ウィリー・コーリー・ステイン「僕のクルーはナルトにハマっている」

ウィリー・コーリー・ステイン「僕のクルーはナルトにハマっている」

昨季中のトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したウィリー・コーリー・ステインは、重要なビッグマンのひとりとしてチームに貢献している。

コートに立った際はハードにプレイし、マブスのために全力を尽くすコーリー・ステイン。

だが、コートを離れた時の彼は芸術に没頭しているようだ。

コーリー・ステインは絵画を愛しており、画家としても密かに活動しているという。コーリー・ステインのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

皆はタグを付けたがる。

「君はバスケットボールを愛していない。なぜなら、君はバスケットボール以外のことに取り組んでいるからね」というタグを付けたがるんだ。

だから、NBAには僕たちが知っている以上にたくさんのアーティストがいるんじゃないかな。

彼らは人に知られたくないから隠しているのさ。

僕はジミー・ヘンドリックスのタトゥーを脚に入れているんだ。

彼がやったことすべてを僕は愛している。

彼は”ジギー”を体現した男であり、彼の創造性やギターをひっくり返して演奏する姿はまさに革命的さ。

僕のクルーはアニメと、ナルトのストーリーにハマっている。

僕たちにとってアニメやナルトはバイブルのようなものなんだ。

コーリー・ステインによると、武術家のブルース・リーやゲームのパックマン、ナルトをはじめとした日本のアニメなどに熱狂的にハマり、インスピレーションをもらっているという。

ウォリアーズのケリー・ウーブレがナルト走りで会場入りする動画が最近話題になったが、NBAには隠れナルトファンが多いのかもしれない。

今の状況が落ち着き、気軽に海外旅行できるようになったら、ぜひ来日して日本のアニメ文化に触れてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA