【スポンサーリンク】

ラバー・ボールが息子を解雇したピストンズに「良い選手を分かっていない」

ラバー・ボール家次男のリアンジェロ・ボールは今月頭、デトロイト・ピストンズとエグジビット10契約を結んだ。

リアンジェロ・ボールはピストンズのトレーニングキャンプで実績を残し、2ウェイ契約への切り替えを狙っていただろうが、ピストンズは現地13日にリアンジェロ・ボールをウェイブ。

これにより、リアンジェロ・ボールのNBAデビューはまたしてもお預けとなった。

そして、予想通り父ラバー・ボールが怒りをぶちまけた模様。

ラバー・ボールによると、ピストンズは良い選手というものを理解していないという。ラバー・ボールのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

私なりの考えがある。

デトロイトの人々は素晴らしい。

私はデトロイトのファンが大好きだ。

だが、あのフランチャイズはとんでもなく見苦しい。

彼らは良い選手を分かっていない。

私は彼らにタダでロッタリーピックを与えたんだ!

どうやったらそれを放り出せるんだい?

彼らは厳しい道で学ぶことになるだろう。

私の子どもたちは、いずれどこかで一緒にプレイするよ。

長男ロンゾ・ボールはすでにNBAデビューを果たしており、三男ラメロ・ボールはプレシーズンで素晴らしいパフォーマンスを見せている。

次男リアンジェロ・ボールは来季もGリーグで過ごす可能性が高いが、2人の兄弟に追いつくにはまだまだ時間がかかりそうだ。

ラバー・ボールは以前、「ボール三兄弟がレブロン・ジェイムスと共にレイカーズ王朝を築く」と豪語していた。

その後、ロンゾ・ボールがトレードで放出されると、ラメロ・ボールがNBAドラフトでシャーロット・ホーネッツに入団。

すると、ラバー・ボールは「3人の息子が集結すればホーネッツはNBAチャンピオンになれる」と宣言した。

果たしてラバー・ボールの宣言が実現する日はやって来るのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA