【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがスコット・ブルックスHCの去就について「僕が決定できるならどこにも行かない」

ラッセル・ウェストブルックがスコット・ブルックスHCの去就について「僕が決定できるならどこにも行かない」

NBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したワシントン・ウィザーズは、オフシーズン中にいくつか対処しなければならないことがある。

そのひとつが、今季限りで契約満了となったスコット・ブルックスHCの去就だ。

ブルックスHCと再契約するか否かは最終的にオーナーのテッド・レオンシスとゼネラルマネージャーのトミー・シェパードが決定するだろうが、おそらく主力選手たちの意見も汲み取るだろう。

そんな中、オクラホマシティ・サンダー時代からの付き合いであるラッセル・ウェストブルックが、ブルックスHCの去就に言及した模様。

ウェストブルックによると、自身に決定権があるならブルックスHCと再契約するという。ウェストブルックのコメントをnbcsports.comが伝えている。

もし僕が決定できるなら、彼はどこにも行かないよ。

疑いの余地も議論の余地もない。

もし僕がその議論に加わるのであれば、間違いなく今言ったことを話すだろう。

どうなるか見てみよう。

ウェストブルックの他、ブラッドリー・ビールもブルックスHCに信頼を寄せ、「真のプレイヤーズ・コーチ」と称えているという。

一方、シェパードGMはブルックスHCと再契約するか否かはまだ決めていないが、ブルックスHCの仕事を高く評価していることを明かしている。

今季は主力選手たちが相次いで離脱し、厳しい出だしを強いられたものの、NBAプレイオフ復帰を果たしたウィザーズ。

果たしてウィザーズのフロントオフィスは今季をどう評価し、どのような決断を下すのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA