【スポンサーリンク】

エネス・カンターの覚醒の理由はラマダン?

エネス・カンターの覚醒の理由はラマダン?

ポートランド・トレイルブレイザーズのベテランビッグマン、エネス・カンターは、先日のデトロイト・ピストンズ戦で30リバウンドという驚異的な数字を記録した。

敬虔なイスラム教徒としても知られているカンターは、ラマダン期間中で断食していたにもかかわらず、リム周辺で素晴らしいパフォーマンスを披露。

カンターによると、ラマダンの時期になると特にメンタルが強化されるという。

カンターはピストンズ戦での30リバウンドを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ラマダンの時期になると、メンタルがものすごく強くなるんだ。

スーパーパワーが戻ってくる感じさ。

自分がすべきことを分かっているし、それと同時にバスケットボールをプレイしているのだから、素晴らしい気分だ。

カンターは8歳の頃からラマダンを続けており、ラマダンの時期は午前4時頃に食事を摂り、その後は1日中水も食事も摂らないという。

まず水分を摂らずにハードなプレイを続けていることに驚きだが、カンターにとっては普通のことなのだろう。

カンターにはこの勢いを持続させ、ブレイザーズのNBAプレイオフ進出に貢献してもらいたいところだ。

なお、カンターの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数55696
平均出場時間26.522.1
平均得点12.011.6
平均リバウンド11.9
(キャリアハイ)
7.9
平均アシスト1.30.9
平均スティール0.50.4
平均ブロックショット0.70.5
平均ターンオーバー1.31.5
FG成功率60.8%
(キャリアハイ)
54.7%
フリースロー成功率79.0%77.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA