【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがかつてジョーダン・プールについて語っていたこととは?

ドレイモンド・グリーンがかつてジョーダン・プールについて語っていたこととは?

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、先日のチーム練習中にジョーダン・プールにパンチを見舞ったと報じられた。

この問題を受け、グリーンが過去にプールについて語ったことが話題を集めている。

グリーンは以前、トレーニングキャンプ中のプールについて次のように語っていたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕が「ジョーダンならこのリーグでやっていけるだろう」と感じたことがひとつある。

彼がルーキーだった頃のトレーニングキャンプでのことだ。

ジョーダンはコートで全員とトラッシュトークを始めた。

ある日、グレン・ロビンソンⅢが彼とトラッシュトークを始めた。

すると、選手たちが僕のところに来て、「彼を黙らせてくれ」と言ってきた。

僕は「僕が彼を黙らせることはない。もし君が彼のトラッシュトークに対処できないなら、それは君の責任だ」と答えた。

僕は彼(プール)を高く評価したんだ。

残念ながら、グリーンはプールのトラッシュトークに対処することができなかった。

つまり、グリーンの言葉を借りるなら、責任の所在はグリーンにあるということだろう。

ステフィン・カリー、アンドレ・イグダーラ、ケボン・ルーニーはグリーンとプールの関係を修復すべく奔走しているというが、果たしてグリーンは何に不満を持ち、プールに向かっていったのだろうか?

なお、グリーンは明日のチーム練習でウォリアーズに合流すると報じられているが、メディアインタビューに応じるか否かは明らかになっていない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA