【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「他チーム移籍を考えた」

ブラッドリー・ビール「他チーム移籍を考えた」

NBAキャリア11年目を迎えるブラッドリー・ビールは、この夏にワシントン・ウィザーズと5年2億5100万ドルの延長契約を結んだ。

ビールはウィザーズの現状に不満を持っているとされ、トレード要求の噂が出ていたものの、最終的にはウィザーズとの延長契約に応じた。

だが、ビールによると、実際にトレード要求が頭にあったという。

元NBA選手のJJ・レディックのポッドキャストにゲスト出演したビールは当時を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

それ(トレード要求)については考えたよ。

他のチームに移籍し、何ができるか考えた。

ただ、マーケットは良い状態ではなかった。

必ずしもやりたかったわけではないが、最終的にはここにとどまった。

僕にとって最高の決定だったと思っているんだ。

僕はいまを生きている。

皆と同じように、僕もスマートフォンを持っている。

人々が「あのチームに移籍すべきだ」、「ジェイソン(・テイタム)と一緒にプレイしたらどうなる?」、「ブルックリンに行ったらどうなる?」、「ロサンゼルスに行ったらどうなる?」、「デンバーに行ったらどうなる?」と言っているのを見た。

良いんじゃないかと思った。

嘘をつくつもりはないよ。

ビールにはこれまで何度もトレードの噂が出ていたが、ウィザーズがビールを放出することはなかった。

ウィザーズの一員としてNBAチャンピオンを目指すことを決めたビールには、これからもウィザーズを牽引するパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、ビールの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40645
平均出場時間36.034.8
平均得点23.222.1
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト6.6
(キャリアハイ)
4.2
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率45.1%45.6%
3P成功率30.0%
(キャリアワースト)
37.2%
フリースロー成功率83.3%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA