【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンの体重に再び話題が集まる

ザイオン・ウィリアムソンの体重に再び話題が集まる

2019年のNBAドラフト1位選手であるニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは、この夏に右足を手術した。

ウィリアムソンはサマーリーグのワークアウト前に右足の第5中足骨を骨折し、手術を受けたというが、現在もリハビリを続けており、復帰の目処は立っていない。

そんな中、ウィリアムソンの体重に再び話題が及んだ模様。

fadeawayworld.netによると、先日コートで身体を動かしたウィリアムソンは明らかに太っているように見え、NBAファンから批判が集中しているという。

ウィリアムソンの体重はNBAデビューから話題になっていた。

体重を減らさなければ足腰に負担がかかり、怪我のリスクが高まるとされている。

ウィリアムソンの体重が本当に増えているのか、それともただ単に着太りしているだけなのかは分からないが、もし体重が増えているなら、ペリカンズは体重が適正値に戻るまでウィリアムソンをNBAゲームに復帰させないだろう。

圧倒的な身体能力を誇り、豪快なダンクを量産した元NBAスターのショーン・ケンプは、体重が増加したことでNBAキャリアが停滞してしまった。

ウィリアムソンがケンプのようなNBAキャリアを辿らないことを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA