【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「ベン・シモンズは僕たちの心の中にいた」

カイリー・アービング「ベン・シモンズは僕たちの心の中にいた」

NBAスターのケビン・デュラントとカイリー・アービング擁するブルックリン・ネッツは現地10日、ジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビード擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズに快勝した。

この日のネッツは試合開始から闘争心をみなぎらせ、早々に二桁リードを奪取。

NBAオールスターデュオのハーデンとエンビードに仕事をさせず、シクサーズファンを黙らせる戦いを繰り広げた。

5本の3ポイントを含む22得点、4リバウンド、5アシスト、1スティール、2ブロックショットを記録したアービングによると、この日のネッツの選手たちにはベン・シモンズの気持ちが乗っていたという。

アービングはシクサーズ戦を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

僕はベンのためにプレイしたと思う。

また、ベンだけでなく、ドレ(アンドレ・ドラモンド)とセス(・カリー)にとっても意味がある夜だったんじゃないかな。

このリーグにおいて、トレードされることに対処するのは簡単ではない。

家で荷造りし、他の都市に引っ越さなければならない。

簡単ではない。

だから、僕たちは彼を両手を広げて歓迎するように心掛けたんだ。

今夜の試合では、ベンが僕たちの心の中にいたと思う。

君たちもそれが分かったんじゃないかな。

僕たちは彼のためにプレイしたかったし、良いプレイを見せたかった。

もしベンに対して向かってくるなら、それは僕たちに向かってくるということだ。

僕たちのチームメイトたちに向かってくるなら、それは僕たちに向かってくるということだ。

それがメンタリティさ。

アービングはオフェンスだけでなく、ディフェンスでも素晴らしいパフォーマンスを見せた。

ハーデンにタフショットを撃たせ、リズムを掴ませなかったアービングは、ハーデンとのマッチアップについて以下のように語った。

任された仕事をするだけだ。

彼にタフなプレイをさせるために、僕にできることをした。

ジェイムスはいつもあのようなシュートを撃つわけではない。

だが、僕は彼にタフなプレイをさせたかったんだ。

戦う選手として楽しかった。

いつも言っているように、こういう瞬間が楽しいし、偉大な選手たちと対戦する機会があることに感謝し、僕が彼らに向かっていき、彼らが僕に向かってくる機会があることに感謝している。

この日のネッツはシモンズとラマーカス・オルドリッジが欠場したものの、危険なチームであることを改めて証明した。

だが、ハーデンとエンビードはこの屈辱的な大敗を受け、次の対戦では必死にリベンジを果たしにくるだろう。

ネッツとシクサーズのライバル関係は、NBAファンにとって最高のエンターテインメントとなっていくのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA