【スポンサーリンク】

東京オリンピックで最も高給取りアスリートはケビン・デュラント

東京オリンピックで最も高給取りアスリートはケビン・デュラント

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、NBAで最も高給取りの選手のひとりだ。

デュラントはNBAのサラリーとは別に複数のビジネスや投資などで莫大な収入を得ているというが、世界中のトップアスリートと比較しても大金を稼いでいる模様。

fadeawayworld.netによると、東京オリンピックに出場するアスリートの中で最も高給取りなのはデュラントだという。

デュラントのNBA2020-21シーズンのサラリーは3905万8950ドル。

NBAのサラリーにビジネスと投資による収益を加え、昨年1年間で約7500万ドルを稼いだという。

デュラントはゴールデンステイト・ウォリアーズ時代にアキレス腱を断裂し、長期離脱を余儀なくされたが、復帰した2020-21シーズンは今もNBAトップレベルのスコアラーであることを証明した。

現在32歳のデュラントはこれからもNBAで大金を稼ぎ、ビジネスと投資で収入を増やしていくことだろう。

なお、デュラントの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数35884
平均出場時間33.136.7
平均得点26.927.0
平均リバウンド7.17.1
平均アシスト5.64.2
平均スティール0.7
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ブロックショット1.31.1
平均ターンオーバー3.43.1
FG成功率53.7%
(キャリアハイ)
49.4%
3P成功率45.0%
(キャリアハイ)
38.4%
フリースロー成功率88.2%88.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA