【スポンサーリンク】

コーチ転身のジェラルド・グリーンが現役復帰へ

コーチ転身のジェラルド・グリーンが現役復帰へ

NBAで12シーズンを過ごしたジェラルド・グリーンは、昨年10月に現役引退を発表した。

その後ヒューストン・ロケッツの選手育成コーチに就任し、第二のキャリアをスタートさせたグリーン。

だが、グリーンのバスケットボールに対する情熱はくすぶり続けていたのかもしれない。

The Athleticの記者によると、グリーンは現役引退を撤回し、Gリーグのチームと選手として契約する予定だという。

グリーンは2019年10月に足を骨折し、その後NBAで1試合もプレイしていない。

昨年夏はロケッツのワークアウトに参加したものの契約を勝ち取ることができず、そのまま現役を引退した。

現在35歳のグリーンを求めるNBAチームが現れるかは分からないが、グリーンはNBA復帰の夢を実現すべくGリーグで奮闘するだろう。

なお、グリーンのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームボストン・セルティックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
ニュージャージー・ネッツ
インディアナ・ペイサーズ
フェニックス・サンズ
マイアミ・ヒート
出場試合数658
平均出場時間19.8
平均得点9.7
平均リバウンド2.5
平均アシスト0.9
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.1
FG成功率41.7%
3P成功率36.1%
フリースロー成功率81.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA