【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー「コーヒーを飲んで考えよう」

ジミー・バトラー「コーヒーを飲んで考えよう」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは先日、自身のコーヒーブランドショップ「ビッグフェイス」を起ち上げたことを発表した。

バトラーはNBA選手の中でも特にコーヒーに強いこだわりを持っており、オーランドでのバブル内では1杯20ドルという高価格でコーヒーを販売。

選りすぐりのコーヒー豆をバトラー自ら焙煎し、こだわりの一杯を提供したというが、バトラーがコーヒーを愛する理由を語った模様。

バトラーによると、コーヒーを飲みながらゆっくり話をすれば、人々の結びつきが強くなるという。バトラーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

コーヒーを飲んでいる人とは常に何かしらの共通点がある。

コーヒーショップでコーヒーを飲んでいると、そこにいる皆と何かしらの共通点がある。

僕は考えさせられたんだ。

世界中にはあらゆるヘイトがある。

共通点がないことにストレスを感じるのではなく、コーヒーを飲みながら共通点を探してみたらどうだい?

他の人々との相違点より共通点が多いことにきっと気付くはずさ。

世界中から集まっているということも、僕がコーヒーを愛する理由のひとつだ。

ホットだったり、コールドだったり、ラテだったり、アメリカーノだったり、コルタードだったり、アイスクリームにかけるアフォガートだったり、いろんな飲み方があるよね。

たくさんの作り方があるし、学ぶことも多い。

人々と一緒にコーヒーを飲むことにより、たくさんの知識を得ることもできるんだ。

バトラーがコーヒービジネスを本格的にスタートするのは、NBAキャリアを終えてからと見られている。

だが、バトラーはそれまでに多くを学び、追求された至極の一杯を完成させるに違いない。

また、ヒートがNBAチャンピオンに輝いた時、バトラーはチームメイトたちのために自らコーヒーを淹れ、乾杯することだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA