【スポンサーリンク】

ザ・マスクド・シンガーに出演したドワイト・ハワード「挑戦するのが好き」

ザ・マスクド・シンガーに出演したドワイト・ハワード「挑戦するのが好き」

ロサンゼルス・レイカーズの元NBAオールスターセンター、ドワイト・ハワードは、人々を笑顔にするのが大好きなエンターテイナーとしても知られている。

笑顔を絶やさず、常にエネルギッシュなハワードはこれまでさまざまなことにチャレンジしてきたというが、このオフシーズン中は大人気の音楽バラエティ番組「ザ・マスクド・シンガー」に出演した模様。

ハワード はオクトパス(タコ)の着ぐるみに身を包んで素晴らしいパフォーマンスを披露。

ハワードによると、ザ・マスクド・シンガーに出演したのは、歌で何かにチャレンジしてみたかったからだという。ハワードのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕は枠にとらわれないことが好き。

挑戦することが好き。

僕はオープンマインドだし、今回は僕にとって枠にとらわれないことのひとつだったんだ。

自分に何ができるのか、ただ試してみたかった。

僕は人生を通して歌ってきたと思う。

子供の頃はコーラス隊にいたし、高校時代もコーラス隊にいた。

僕は音楽が大好き。

だから、歌で何かにチャレンジしてみたかったんだ。

(タコのキャラクターを選んだのは)互いに惹かれたからだと思う。

僕たちは互いを必要としていたんだ。

タコは誤解されているんじゃないかな。

タコのミステリアスな側面を引き出すためには、カリスマ性のある人や輝いている人が必要だと思った。

誰もタコの歌を聴いたことがないよね。

僕は皆にそれを提供することができたんだ。

ハワードはリトル・リチャードの不朽の名曲「トゥッティ・フルッティ」を披露。

残念ながら最初に敗れてしまったものの、エンターテインメント好きのハワードにとって良い思い出になったのは間違いないだろう。

来季は持ち前の明るさでチームメイトたちを盛り上げ、レイカーズにNBAタイトルを取り戻してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA