【スポンサーリンク】

ジャズはドノバン・ミッチェルのトレードを断固拒否?

ジャズはドノバン・ミッチェルのトレードを断固拒否?

NBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したユタ・ジャズは現地5日、ヘッドコーチのクイン・スナイダーが退任したことを発表した。

スナイダーはNBAオールスターのドノバン・ミッチェルにとって重要な存在だったため、ミッチェルはひどく驚き、落胆したという。

一方、他のNBAチームはミッチェルをトレードで獲得できるチャンスととらえたのか、ジャズにトレードを打診したと報じられている。

だが、ジャズはミッチェルを中心としたチームとして戦うことを固く誓っているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ミッチェルのトレードを求めて複数のNBAチームがジャズに連絡したものの、ジャズは「断固としてノー」と答えているという。

ジャズは次期ヘッドコーチ選定において「選手たちから信頼され、リスペクトされていること」を条件にするというが、おそらくミッチェルの意見も踏まえながら決定するだろう。

その一方で、NBAオールスターセンターのルディ・ゴベアとフォワードのボヤン・ボグダノビッチのトレードの噂が加熱しつつある。

ゴベアとボグダノビッチには複数のNBAチームが関心を持っているというが、ジャズも積極的にロスターを再構築すると見られているため、この夏は大きな動きが見られそうだ。

なお、ジャズでこの夏にFAになる、もしくはFAになる可能性がある選手は以下の通りとなっている。

選手備考
トレント・フォレスト制限付きFA
ダニュエル・ハウス完全FA
エリック・パスカル制限付きFA
ハッサン・ホワイトサイド完全FA

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA