【スポンサーリンク】

イメ・ユドカHC「敗因はターンオーバー」

イメ・ユドカHC「敗因はターンオーバー」

ボストン・セルティックスはゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナル第1戦を制し、NBAタイトル獲得に向けて好スタートを切った。

だが、第2戦はウォリアーズに圧倒され、シリーズを1勝1敗のタイに戻された。

セルティックスを指揮するイメ・ユドカHCによると、ウォリアーズの選手たちが勝っていたというより、セルティックスの選手たちのターンオーバーが足を引っ張ってしまったという。

ユドカHCはNBAファイナル第2戦を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

我々は前半の11ターンオーバーで18失点を喫した。

彼ら(ウォリアーズ)は9スティールだ。

我々は全体的にボールをしっかり扱っていなかった。

プレイを成功させるのではなく、ファウルをもらおうとしていた。

彼らにはリムプロテクションが不足しているのだがね。

19ターンオーバーからの33失点には少しがっかりだ。

ああいったことが起こると、我々はトラブルに陥ってしまう。

ウォリアーズがセルティックスの19ターンオーバーから33得点をあげたのに対し、セルティックスはウォリアーズの12ターンオーバーから15得点にとどまったという。

第3戦と第4戦はセルティックスのホームゲームだ。

第2戦は残念な結果に終わってしまったが、セルティックスの選手たちはこれを教訓とし、第3戦につなげることだろう。

なお、NBAファイナル第2戦のセルティックスとウォリアーズのスタッツは以下の通りとなっている。

セルティックスウォリアーズ
得点88107
リバウンド5354
アシスト2425
スティール515
ブロックショット72
ターンオーバー1912
FG成功率37.5%
(30/80)
45.3%
(39/86)
3P成功率40.5%
(15/37)
40.5%
(15/37)
フリースロー成功率76.5%
(13/17)
70.0%
(14/20)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA