【スポンサーリンク】

ウォリアーズがデニス・シュルーダー獲得を狙っていた?

ウォリアーズがデニス・シュルーダー獲得を狙っていた?

NBAタイトル奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、このオフシーズン中にアンドレ・イグダーラやネマニャ・ビエリツァ、オットー・ポーターJrを獲得した。

だが、セカンドユニットはスコアリングが不足しているため、問題解決のために昨季をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたポイントガードの獲得を狙っていたのかもしれない。

talkbasket.netによると、ウォリアーズはベテランポイントガードのデニス・シュルーダー獲得を狙い、シュルーダー陣営にコンタクトを取っていたという。

昨季のウォリアーズはステフィン・カリーを中心としたオフェンスを展開したが、カリーがベンチに下がった時は明らかにスコアリングが不足し、苦しい戦いを強いられた。

来季はクレイ・トンプソンが復帰する見込みではあるものの、やはりセカンドユニットのスコリングを強化したいところだ。

シュルーダーは1年契約でボストン・セルティックスに移籍してしまったが、もしウォリアーズがシュルーダーを獲得することができていれば、セカンドユニットのスコアリング強化につながっただろう。

なお、ウォリアーズの現時点でのロスターは以下の通りとなっている。

選手名ポジションキャリア
ネマニャ・ビエリツァPF6
クリス・チオッツァPG3
ステフィン・カリーG12
ドレイモンド・グリーンF9
アンドレ・イグダーラF17
ジョナサン・クミンガFルーキー
ダミオン・リーG4
ケボン・ルーニーPF6
モーゼス・ムーディーGルーキー
ゲイリー・ペイトンⅡG5
マイカル・マルダーG/F2
ジョーダン・プールG2
オットー・ポーターJrF8
クレイ・トンプソンG10
ホワン・トスカーノ・アンダーソンF2
アンドリュー・ウィギンスF7
ジェイムス・ワイズマンC1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA