【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHCがルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスの不仲説について「フェイクニュース」

ジェイソン・キッドHCがルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスの不仲説について「フェイクニュース」

ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスはダラス・マーベリックスにおいて最も重要な選手だ。

だが、ドンチッチとポルジンギスの関係は決して良いと噂され、ポルジンギスはドンチッチがボールを支配するのを嫌っていると報じられた。

その後ポルジンギスがドンチッチとの不仲説を否定したわけだが、マブスを指揮するジェイソン・キッドHCによると、ドンチッチとポルジンギスは素晴らしい関係を築いているという。

キッドHCはドンチッチとポルジンギスについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼らの関係が緊張しているという話がNBA界隈であったが、私はそれについてフェイクニュースと言わなければならない。

問題は他にあり、彼ら(フロントオフィス)は組織内でうまく対処したと思うよ。

彼ら(ドンチッチとポルジンギス)とは関係ない話だ。

私は興奮している。

彼らの関係は高いレベルにあるんじゃないかな。

彼らは競い合い、勝利を求めているバスケットボール選手だ。

私はコーチとして彼らを成功させなければならない。

ただ、彼らの関係性は素晴らしいと思うよ。

昨季までマブスのヘッドコーチを務めたリック・カーライルは、マブスのフロントオフィスとの関係が悪化したと噂されていた。

また、組織内でもさまざまな問題があったため、マブスはフロントオフィスとコーチングスタッフを刷新したと見られている。

フロントオフィスのごたごたが解消したマブスは、ドンチッチとポルジンギスを中心として昨季以上の結果を残すに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA