【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがレブロン・ジェイムスのロスターへの影響力について「怒ってはいない」

カイリー・アービングがレブロン・ジェイムスのロスターへの影響力について「怒ってはいない」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは今季終了後のメディアインタビューの際、オーナーのジョセフ・ツァイ、ゼネラルマネージャーのショーン・マークス、チームメイトのケビン・デュラントとともに「チームを運営する」と発言した。

デュラントやレブロン・ジェイムスのようにNBAを代表するスーパースターはロスター構築において大きな影響力を持っていると噂されているが、彼らはそれを否定している。

だが、少なくともクリーブランド・キャバリアーズ時代のジェイムスはロスターの構築において権力を行使していたのかもしれない。

ジェイムスとともにキャブスを牽引したアービングは、当時について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

ブロンはそのシーンの裏にいたと思う。

人々は彼のことをどんなニックネームで呼んでいるんだい?

LeGM?

彼はチームをまとめていた。

彼に対して怒っているわけではないよ。

ただ、「分かった。こういうことか」という感じさ。

ジェイムスは先日、レイカーズのロスター構築について「意見は出すかもしれないが、最終的に決めるのはフロントオフィス」と語り、レイカーズのオーナーを務めるジーニー・バスも「彼にアドバイスを求めるかもしれないが、それは普通のこと。最終決定権は私にある」と発言した。

アービングはジェイムスのような影響力を望んでいるというが、間違った方向に進まないことを祈るばかりだ。

なお、ショーン・マークスGMは先日、チームの状態や未来についてデュラントやアービングと話したことはないとした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA