【スポンサーリンク】

ロケッツの連勝要因はスモールラインアップ?

ロケッツの連勝要因はスモールラインアップ?

若手中心に再建中にヒューストン・ロケッツは、先日まで15連敗と絶望的な状況に陥っていた。

だが、その後は強豪シカゴ・ブルズとシャーロット・ホーネッツに勝利し、現在2連勝中。

では、ロケッツはなぜ連敗を脱し、連勝することができたのだろうか?

ロケッツを指揮するスティーブン・サイラスHCによると、4番のポジションで先発起用していたクリスチャン・ウッドを5番のポジションで先発させ、スモールラインアップでプレイしていることが大きな要因だという。サイラスHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

我々はボールを回し、オープンシュートを撃ち、決めている。

3P成功率が30%に届かなかったのが何試合続いたのだろう?

今夜(ホーネッツ戦)の我々の3P成功率は47%だった。

アルモニ・ブルックスとギャリソン・マシューズの出場時間を少し増やした。

それだけでなく、(スモールラインアップにより)スペースが生じたことでドライブ&キックができるようになったんだ。

何度かうまくいけば、シューティングにより自信を持てるようになる。

今はかなり自信を持ってシュートを撃っているんじゃないかな。

ロケッツは若い選手が多く、連勝することで自信が深まるのは間違いないだろう。

だが、まだ2連勝しただけであり、今後も継続していていかなければならない。

とはいえ、ロケッツにとってポジティブな連勝であるのは間違いなさそうだ。

なお、ウッドの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数19173
平均出場時間32.821.8
平均得点16.413.0
平均リバウンド11.3
(キャリアハイ)
6.6
平均アシスト2.4
(キャリアハイ)
1.1
平均スティール0.50.5
平均ブロックショット0.90.8
平均ターンオーバー1.91.3
FG成功率46.1%52.0%
3P成功率33.3%36.4%
フリースロー成功率56.3%
(キャリアワースト)
67.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA