【スポンサーリンク】

リアンジェロ・ボールが中国での窃盗事件について「あれがあったから今の僕がいる」

リアンジェロ・ボールが中国での窃盗事件について「あれがあったから今の僕がいる」

リアンジェロ・ボールはUCLAに所属していた2017年、遠征で訪れた中国で窃盗を働き、逮捕された。

それが原因となってUCLA退学を余儀なくされたというが、あれから4年が経過した今、ボールは過去の過ちをどう考えているのだろうか?

ボールは中国での窃盗事件について、以下のように振り返ったという。larrybrownsports.comが伝えている。

あれがあったから、今の僕がいる。

僕は多くのことに対処してきたし、良いことも悪いことも耳にしてきた。

今の僕を煩わせるようなことは何もない。

僕は打たれ強いんだ。

人は人をジャッジするものさ。

僕は若かったし、もう振り返らない。

あれから学び、プッシュし続ける。

たったひとつの決断で人生を台無しにするつもりはないよ。

今年23歳になるボールは、シャーロット・ホーネッツの一員としてNBAサマーリーグに出場した。

この先、過去の過ちについて批判を浴びることもあるだろうが、強いメンタルで戦い続けてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA