【スポンサーリンク】

レイカーズがエイブリー・ブラッドリー獲得を狙う?

レイカーズがエイブリー・ブラッドリー獲得を狙う?

NBA2020-21シーズン中のトレードでマイアミ・ヒートからヒューストン・ロケッツに移籍したエイブリー・ブラッドリーに対し、ロケッツは来季のオプション(590万ドル)を行使しないと報じられた。

これにより、ブラッドリーは完全FAになる。

ブラッドリーにとって2020-21シーズンは怪我に悩まされるシーズンとなってしまったものの、NBAトップクラスのディフェンダーであるのは間違いない。

そのためディフェンスの強化を必要としている複数のNBAチームがブラッドリーにオファーを出すと予想されるが、ロサンゼルス・レイカーズもブラッドリーにオファーを出すかもしれない。

lakersdaily.comによると、ディフェンスの強化を必要としているレイカーズはブラッドリーに強い関心を持っているという。

レイカーズは先日のトレードでラッセル・ウェストブルックを獲得したものの、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、カイル・クーズマ、モントレズ・ハレルを放出。

特にディフェンスに定評あるコールドウェル・ポープが抜けた穴は大きく、レイカーズとしてはディフェンス力のある選手を加えたいところだろう。

ブラッドリーはレイカーズがNBAチャンピオンになった2019-20シーズンのメンバーであり、スターターとして活躍。

オーランドのバブルには参戦しなかったものの、ディフェンスを重視するフランク・ボーゲルHCのシステムにおいてブラッドリーは重要な選手のひとりだった。

その後FAとしてマイアミ・ヒートに移籍したが、レイカーズファンはブラッドリーの帰還を両手を広げて歓迎するに違いない。

なお、ブラッドリーの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27598
平均出場時間22.328.0
平均得点6.411.5
平均リバウンド2.12.9
平均アシスト1.71.8
平均スティール0.81.0
平均ターンオーバー1.01.4
FG成功率37.4%43.5%
3P成功率32.7%36.3%
フリースロー成功率80.0%78.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA