【スポンサーリンク】

ルー・ウィリアムスがレイカーズなどNBAタイトルコンテンダーからのオファーを拒否?

ルー・ウィリアムスがレイカーズなどNBAタイトルコンテンダーからのオファーを拒否?

ベテランガードのルー・ウィリアムスは先日、アトランタ・ホークスと1年500万ドルの再契約で合意した。

ウィリアムスは昨季中のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからホークスに移籍。

当時はNBAから引退することを考えたというが、今のウィリアムスにはホークスのユニフォームを着てプレイすることがモチベーションになっているのかもしれない。

talkbasket.netによると、ウィリアムスはロサンゼルス・レイカーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ミルウォーキー・バックスからオファーが届いたものの、すべて拒否してホークスと再契約したという。

レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するレイカーズ、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン擁するウォリアーズ、ヤニス・アンテトクンポ、クリス・ミドルトン、ジュルー・ホリデー擁するバックスは、いずれもNBAタイトルを狙える強豪チームだ。

中でもレイカーズはウィリアムスにとって古巣でもあるが、これらのNBAチームからのオファーを断ったのは、希望するオファーではなかった、もしくはホークスでの時間によほど満足しているからなのだろう。

いずれにせよ、3度のNBAシックスマン・オブ・ザ・イヤー選出を誇るウィリアムスの残留に、トレイ・ヤングなどチームメイトたちは喜んでいるに違いない。

なお、ウィリアムスのホークス移籍後とNABキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数241067
平均出場時間21.024.7
平均得点10.014.3
平均リバウンド2.12.2
平均アシスト3.43.5
平均スティール0.30.9
平均ターンオーバー1.81.7
FG成功率38.9%42.0%
3P成功率44.4%35.1%
フリースロー成功率87.0%84.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA