【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「結果を出すために金をもらっている」

ジョエル・エンビード「結果を出すために金をもらっている」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは2月のトレードでベン・シモンズ、セス・カリー、アンドレ・ドラモンドを放出し、NBAオールスターのジェイムス・ハーデンと元NBAオールスターのポール・ミルサップを獲得した。

今季のシクサーズはシモンズのドラマに悩まされ、ストレスを感じる毎日を送っていたというが、NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードはシモンズのドラマがあったからこそリーダーとしての自覚を高めることができたのかもしれない。

エンビードによると、シモンズがシクサーズに復帰しない可能性が高まった時、自分自身を見つめ直したという。エンビードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕は「僕たちは何を待っているんだ?」という感じだった。

僕たちが失ったものは間違いなく大きい。

だが、僕は結果を出すために金をもらっている。

誰がプレイしようとしまいと、そんなの関係ない。

もし僕がコートで結果を出さなければ、ファンは怒り狂うだろう。

フロントオフィスはハッピーになれないだろう。

だから、どんな状況に置かれていたとしても関係ない。

それでもコートに出て、結果を出さなければならない。

僕はただコートに出て、実際にプレイし、証明しなければならないと思っていたんだ。

ものすごくフラストレーションを感じていた。

対処するのは難しかった。

だが、僕はコンペティターとして目の前にあるチャレンジも好きなんだ。

シモンズのアシストを失ったエンビードは、昨季のようなパフォーマンスを見せるのは難しいと予想されていた。

だが、エンビードは今季もMVP最有力候補に挙がるパフォーマンスでシクサーズを牽引している。

シモンズのドラマはエンビードやシクサーズの選手たちにとってストレスだっただろうが、メンタルの強化につながったのは間違いないのかもしれない。

なお、エンビードの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数5165
平均出場時間31.133.6
平均得点28.530.2
平均リバウンド10.611.6
平均アシスト2.84.2
平均スティール1.01.1
平均ブロックショット1.41.5
平均ターンオーバー3.13.1
FG成功率51.3%49.3%
3P成功率37.7%36.8%
フリースロー成功率85.9%81.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA