【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディ「僕はデイミアン・リラードやステフィン・カリーのようにはならない」

スペンサー・ディンウィディ「僕はデイミアン・リラードやステフィン・カリーのようにはならない」

サイン&トレードでワシントン・ウィザーズに加わったスペンサー・ディンウィディは、今季2試合目のインディアナ・ペイサーズ戦で6本の3ポイントを含む34得点、6リバウンド、9アシストを記録し、勝利に貢献した。

ディンウィディは3Pシュートを得意とするNBA選手ではない。

だが、ペイサーズ戦ではチームを窮地から救う3Pシュートを決め、ブラッドリー・ビール不在のウィザーズを牽引した。

NBAを代表するポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードやゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーのように勝負強さを発揮したディンウィディ。

だが、ディンウィディはリラードやカリーのようなNBA選手にはならないという。

ディンウィディは自身について以下のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

聞いてくれ。

僕は分かっている。

僕は最もセクシーな名前ではないし、デイムやステフのようにはならない。

だが、こういったことは起こるものだ。

論より証拠さ。

ゲームウィニングショットのように、僕のプレイはYouTubeで見ることができる。

もしブラッドが欠場するなら、おそらく僕が最もシュートを撃つ選手になるだろうね。

ペイサーズ戦のウィザーズでは、ディンウィディ、カイル・クーズマ、ラウル・ネト、ダービス・バータンズ、モントレズ・ハレルが二桁得点を記録した。

NBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールは欠場したものの、ビール抜きで勝利できたのは大きな自信につながるだろう。

なお、ディンウィディの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数2322
平均出場時間30.525.7
平均得点23.513.0
平均リバウンド5.02.8
平均アシスト7.55.0
平均スティール0.00.7
平均ターンオーバー2.01.8
FG成功率50.0%41.1%
3P成功率66.7%32.0%
フリースロー成功率100%79.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA