【スポンサーリンク】

クリス・ブーシェの出場時間がさらに減少?

クリス・ブーシェの出場時間がさらに減少?

トロント・ラプターズのクリス・ブーシェはNBAキャリア4年目となった昨季、平均13.6得点、6.7リバウンド、1.9ブロックショットを記録した。

ラプターズの未来を担う選手になるだろうと期待されたブーシェだが、今季の出場時間は激減。

平均出場時間は昨季と比較すると半分近く減少しているが、今後さらに減少することになるかもしれない。

hoopsrumors.comによると、渡邊雄太が戦線に復帰した影響を受け、ブーシェの出場時間はさらに減少する可能性があるという。

ふくらはぎの怪我により長期離脱を強いられた渡邊雄太は、今季デビューとなったメンフィス・グリズリーズ戦でフィールドゴール3本をすべてミスしたものの、2スティール、2ブロックショットとディフェンス面で素晴らしいパフォーマンスを見せた。

一方、ブーシェの今季のブロックショットは昨季の平均1.9本を半分以上下回る0.8本となっているため、ブーシェはリム周辺で存在感を放つことができない限り、もしくは3ポイントを高確率で決めることができない限り、十分な出場時間を手にするのは難しいかもしれない。

とはいえ、選手間によるタフなレースが繰り広げられていることは、ラプターズにとってプラス要因となるだろう。

なお、ブーシェの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数6018
平均出場時間24.213.9
平均得点13.65.7
平均リバウンド6.74.1
平均アシスト1.10.3
平均スティール0.60.6
平均ブロックショット1.90.8
平均ターンオーバー0.80.6
FG成功率51.4%37.1%
3P成功率38.3%19.1%
フリースロー成功率78.8%69.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA