【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ボビー・ポーティスのフレイグラントファウルは「ダーティープレイ」

レブロン・ジェイムス ボビー・ポーティスのフレイグラントファウルは「ダーティープレイ」

ニューヨーク・ニックスのボビー・ポーティスは現地7日のロサンゼルス・レイカーズ戦でフレイグラントファウル2をコールされ、早々にコートを後にした。

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがダンクを狙いにいった際に頭部にラリアットを見舞い、退場処分を強いられたポーティス。

ポーティスに詰め寄ろうとしたレブロン・ジェイムスは、ポーティスの行為が明らかにダーティープレイだったと感じているようだ。

フレイグラントファウル2をコールされたポーティスのプレイについて、ジェイムスは次のように指摘。ESPNが伝えている。

「ダーティーだ。ボールに対するプレイじゃなかった。あの衝突が起こる前、彼が腕を振りかぶったのを俺は見た。彼がどうやってKCPを追いかけたか、俺は見た。追いかけ、振りかぶった。あのプレイが起こる前のプレイを俺は見たんだ。だから俺は声を上げた。そしてレフェリーが俺たちに間に割って入った。ただ、あれが明らかにバスケットボールのプレイじゃなかったことを俺は知ってる」

ポープは脳震盪の恐れがあったため、一時ロッカールームへ下がった。

だが、その後コートに復帰し、チームの勝利に貢献。

当事者であるポープの反応も気になるところではあるが、ポープによると、「コートでリベンジしたから映像は見直さない」という。

ポーティスにはリーグから処分が科されると思われるが、ポープに大きなダメージがなかったことは不幸中の幸いと言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA