【スポンサーリンク】

ウォリアーズがエリック・ゴードンかロバート・コビントンのトレード獲得を狙う?

ヒューストン・ロケッツは今季途中のトレードでクリント・カペラを放出し、スモールラインアップで超攻撃的なオフェンスを展開してきた。

だが、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズに完敗したことを受け、ロスターに手を加えると見られている。

まず候補に挙がりそうなのはラッセル・ウェストブルックだが、ウェストブルックはあと3年4000万ドル以上の契約を残しているため、他のNBAチームはキャップの圧迫を危惧し、ウェストブルック獲得には動かないだろう。

そんな中、NBA王座奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズがロケッツの主力獲得を狙う可能性があると報じられた模様。

nbcsports.comによると、ウォリアーズはアウトサイドショットとディフェンスを兼ね備えたエリック・ゴードン、もしくはロバート・コビントンのトレード獲得を狙う可能性があるという。

ロケッツのオーナーであるティルマン・フェティータは、昨今の状況により経営の弱体化を危惧しており、ロスターからサラリーをカットしたいと考えていると噂されている。

ただ、ウォリアーズからトレードオファーがあった場合、ロケッツはドラフト2位指名権を要求するとされ、ウォリアーズがこれに応じる可能性は低い。

ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが完全復帰するウォリアーズは、即戦力のベテランプレイヤーではなく、これから長くチームを牽引していくであろう若手有望株を優先するだろう。

いずれにせよ今年のオフシーズンはロケッツにとって重要な時間となりそうだ。

なお、今季のゴードンとコビントンのスタッツは以下の通りとなっている。

エリック・ゴードンロバート・コビントン
出場試合数3670
平均出場時間28.230.5
平均得点14.412.4
平均リバウンド2.06.6
平均アシスト1.51.3
平均スティール0.61.6
平均ブロックショット0.41.3
平均ターンオーバー1.21.5
FG成功率36.9%42.2%
3P成功率31.7%33.5%
フリースロー成功率76.6%79.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA