【スポンサーリンク】

ダニー・グリーン「ドワイト・ハワードからレイカーズに勧誘された」

ダニー・グリーン「ドワイト・ハワードからレイカーズに勧誘された」

ベテランウィングマンのダニー・グリーンは先日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと2年1000万ドルの再契約を結んだ。

グリーンにはサンアントニオ・スパーズ、トロント・ラプターズ、ロサンゼルス・レイカーズのNBAタイトル獲得に貢献した実績があることから、FAになったグリーンには多くのNBAチームが関心を示していたと報じられている。

その中には古巣レイカーズも含まれていたのかもしれない。

グリーンによると、レイカーズに復帰したドワイト・ハワードから勧誘されたという。

グリーンはFA交渉を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

シーズンが終わった後、ジョエル(・エンビード)からこんなメールが送られてきたんだ。

「君に戻ってきてほしい。ビジネスだということは理解しているし、君は君自信と君の家族のために最善を尽くすだろうが、僕は君にここにいてほしいと本当に思っているんだ」とね。

トバイアス(・ハリス)からの電話はノンストップだった。

僕たちは同じエリア(ニューヨーク州)出身だから、僕は彼のことをよく知っている。

彼とはプロセスを通してコミュニケーションを取り続けたのだが、彼はこう言っていたよ。

「君は他の場所に行ってはいけない。君を失うわけにはいかないんだ」とね。

ドワイト・ハワードからロサンゼルスに来るように勧誘された。

ジョージ・ヒルからミルウォーキーに来るように勧誘された。

その他にもブルックリン、シカゴ・クリーブランド、ゴールデンステイト、シャーロットから関心を示してもらえた。

だが、その多くにおいてはサラリーが低い、もしくはサイン&トレードが必要だったんだ。

グリーンはレイカーズのNBAタイトル獲得に貢献したものの、NBAプレイオフ中は安定したパフォーマンスを見せることができなかった。

それを受け、レイカーズファンはグリーンを執拗に攻撃。

NBAファイナル第5戦を終えた後は、SNSを通して殺害予告のメッセージまで届いたという。

そのような経験があるから、レイカーズ移籍には前向きになれなかったのかもしれない。

グリーンにはシクサーズの一員として来季をリベンジのシーズンとし、NBAファイナル進出とNBAタイトル獲得に貢献してもらいたいところだ。

なお、グリーンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数69757
平均出場時間28.025.6
平均得点9.59.0
平均リバウンド3.83.5
平均アシスト1.71.6
平均スティール1.31.0
平均ターンオーバー1.01.0
FG成功率41.2%42.2%
3P成功率40.5%40.1%
フリースロー成功率77.5%80.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA