【スポンサーリンク】

NBAで1年間プレイできないジェイレン・ハリスがイタリアのチームと契約

NBAで1年間プレイできないジェイレン・ハリスがイタリアのチームと契約

2020年のNBAドラフト59位でトロント・ラプターズに入団したジェイレン・ブラウンは、NBAが定めるアンチドラッグポリシーに違反したことにより、NBAでプレイする資格を現地7月1日に剥奪された。

ハリスは2022-23シーズンからNBAに復帰すべく、1年後に資格の再取得を申請できるというが、NBAでプレイできない1年間は海外でプレイする模様。

イタリアリーグのヴァノリ・クレモナは現地13日、ハリスと契約したことを発表した。

ハリスは昨季のほとんどをGリーグのチームでプレイ。

NBAではラプターズの一員としてレギュラーシーズン13試合の出場にとどまった。

ラプターズはNBAがハリスに処分を下した翌日、ハリスをウェイブ。

つまり、ラプターズはハリスを保有する権利を有していないため、ハリスがNBAに復帰する時は完全FAとなる。

なお、ハリスの昨季のスタッツは以下の通りだ。

2020-21
出場試合数13
平均出場時間13.2
平均得点7.4
平均リバウンド1.4
平均アシスト1.3
平均スティール0.6
平均ターンオーバー1.1
FG成功率50.0%
3P成功率47.2%
フリースロー成功率77.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA