【スポンサーリンク】

JB・ビッカースタッフHC「リッキー・ルビオのスピリットが大きかった」

JB・ビッカースタッフHC「リッキー・ルビオのスピリットが大きかった」

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスを失って以降、クリーブランド・キャバリアーズは一度もNBAプレイオフに進出していない。

だが、NBAオールスターのダリアス・ガーランドとジャレット・アレンを中心とした今季のキャブスには、NBAプレイオフ進出の期待がかかっている。

しかし、アレンやエバン・モブリーなど主力選手が負傷離脱すると、現在の順位はイースタン・カンファレンス7位。

誰もが主力選手たちの離脱がキャブスの低迷の大きな要因と考えるだろうが、JB.・ビッカースタッフHCは違う考えを持っているのかもしれない。

ビッカースタッフHCによると、ベテランポイントガードのリッキー・ルビオを失ったことが大きいという。ビッカースタッフHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

コート上のこと以上に彼のスピリットが大きかった。

言葉にするのは難しい。

彼は一緒にプレイする選手たちのレベルを上げるユニークな能力を持っており、選手たちにポジティブな影響を与えていた。

我々は彼がやっていたことを失ってしまった。

そのことを軽視したくない。

正直言うと、我々をユニークなチームにしてくれたのは、人間としての彼と彼の個性だったんだ。

ルビオがいた時のキャブスのディフェンスはNBA3位だったが、ルビオ離脱後は12位に落ち込んでしまったという。

今季はコリン・セクストンの怪我に始まり、ルビオやアレン、モーブリー、ディーン・ウェイドと次々に主力選手の負傷離脱に見舞われているキャブス。

キャブスは若いチームであり、来季もチャンスはあるだろうが、今季はせめてNBAプレイオフに進出し、来季に向けて経験を積みたいところだろう。

キャブスにこれ以上負傷離脱する選手が出ないことを祈りたい。

なお、キャブスのレギュラーシーズン残りのスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
4/5オーランド・マジックアウェイ
4/8ブルックリン・ネッツアウェイ
4/10ミルウォーキー・バックスホーム

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA