【スポンサーリンク】

NBPA新会長にCJ・マッコラムが就任

NBPA新会長にCJ・マッコラムが就任

NBPA会長としてNBA選手たちをまとめてきたクリス・ポールの後継者として、ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムが選出された模様。

ESPNの記者によると、NBPAの新会長にマッコラムが就任したという。

マッコラムは2018年から執行委員長副会長を務め、意思決定やNBAとの団体交渉に携わってきた。

2014年からNBPAのエグゼクティブディレクターを務めてきたミシェル・ロバーツが今年限りで退任する予定であるため、マッコラムの最初の大仕事はロバーツの後任探しとなるだろう。

また、NBAとNBPAは2022年もしくは2023年に新たな団体契約の交渉をスタートさせる可能性があり、マッコラムは重責を担うことになる。

なお、副会長にはボストン・セルティックスのグラント・ウィリアムス、その他メンバーにはゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドレ・イグダーラ、サクラメント・キングスのハリソン・バーンズ、シャーロット・ホーネッツのビスマック・ビオンボ、インディアナ・ペイサーズのマルコム・ブログドン、セルティックスのジェイレン・ブラウン、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービング、ニューオーリンズ・ペリカンズに移籍予定のギャレット・テンプルが選出された。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA